乾燥肌には様々な原因がある

乾燥肌が原因でかゆみや炎症が起こる

乾燥肌になるとかゆみが生じたり、炎症が起こりやすくなります。これは、乾燥のために、肌が外部の刺激に弱くなるのが原因です。

顔のような目立つ部位の乾燥肌は特に目立ってしまいます。口の周りや肘といった部位は、しっかりと保湿しないとカサつきやひび割れができます。また、ひび割れでできた傷から雑菌が侵入し、炎症が起こる場合もあるのです。

乾燥肌は、加齢や体質、生活習慣の乱れや不衛生な生活が原因で起こります。また、空気が乾燥し、湿度が低い時期にも乾燥肌になりやすくなります。冬場など空気が乾燥する時期は、保湿やスキンケアをしっかり行いましょう。

乾燥肌のケアは低刺激の製品を使う!洗いすぎると悪化するので注意

乾燥肌になるとかゆみが生じます。かゆいからといって掻きむしってしまうと、皮膚が傷つき、症状が悪化してしまうので注意しましょう。

普通、肌の表面は皮脂によって保護されています。皮脂の分泌が少ないと肌が乾燥し、外部からの刺激に弱くなってしまうのです。肌が乾燥しているときは不用意にひっかいたりせず、しっかりと保湿をしましょう。家にいるときは、加湿器で部屋の湿度を上げるのが効果的です。

乾燥肌を防ぐには、肌を清潔に保つことが重要です。しかし、過度に洗いすぎてしまうと、皮脂が落ちてしまい、乾燥の原因となるので注意しましょう。

また、乾燥肌の状態で、洗浄力の強い洗顔料を使うと、刺激が強すぎるために症状を悪化させてしまいます。乾燥肌が気になるときは低刺激の製品を使うとよいでしょう。

乾燥肌を改善するには、肌が乾燥する原因や、自身の肌の状態をきちんと把握することが大切です。自分の肌にあった対策をすることで、きれいな肌の維持につながるでしょう。

セラミドが不足すると肌が乾燥する

乾燥肌になると、肌荒れや炎症が起こりやすくなり、外見を損なう恐れがあります。

乾燥肌の原因の1つが、セラミドの不足です。セラミドは角質層の中で水分を溜め込んでおり、肌の潤いを保ったり、外部からの刺激を防いだりする役割を担っています。セラミドが不足すると、肌の水分が減少し、乾燥肌になってしまいます。また、肌が外部の刺激に弱くなり、肌荒れが起こりやすくなるのです。

若い人であれば、スキンケアを意識して行わなくても、肌のうるおいは維持されます。しかし、年齢を重ねていくと、肌のうるおいが不足していきます。そのため、日頃からしっかりとスキンケアを行うことが重要です。また、健康な肌を保つために、規則正しい生活習慣を心がけましょう。他にも、肌にダメージを与える紫外線の対策もおこないましょう。

乾燥肌は原因によって適切な対策をとることが大事

乾燥肌の主な症状はかゆみです。一方、乾燥肌以外にもかゆみを引き起こす原因がいくつもあります。

かゆみを引き起こす原因は、アレルギーや虫刺され、汗疹(あせも)などがあげられます。かゆみが起こる仕組みはそれぞれ異なります。原因にあった対策をすることが重要です。

アレルギーでかゆみが起こる場合、アレルギーの原因となっているものを把握し、極力接触しないようにしましょう。虫刺されを防ぐには、草木の多い場所に不用意に近づかないことが大切です。

汗疹を防ぐには、肌を清潔に保つことが重要です。日頃から汗をかいたら、こまめに拭き取るようにしましょう。また、汗をたくさんかいたら、きれいな服に着替えましょう。帰宅後はすぐにシャワーを浴びて汗を洗い流すのも効果的です。

肌のかゆみは、ストレスの原因にもなります。しっかりと対策をとり、かゆみを防ぎましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする