乾燥肌の対策として食事療法を行う

乾燥肌の対策として食事療法を行う

冬になると、乾燥肌になりやすくなります。

化粧水などで保湿をしても、なかなか乾燥肌をカバーしきれません。

そこでおすすめなのが、食事療法です。

肌の再生を活性化する食べ物を摂ることで代謝をあげると、乾燥肌を防げます。

食事と肌荒れは深い関係にあり、乾燥肌は腸内環境の影響を受けます。

角質細胞内にある天然保湿因子は、アミノ酸が原料で、潤いの素です。

アミノ酸を多く含む肉や卵などの良質なタンパク質を摂ると、天然保湿因子を増やせます。

天然保湿因子が不足すると、肌のツヤやハリがなくなってしまうのです。

天然保湿因子は、肉類や魚類、卵や大豆製品、乳製品などで補給できます。

乾燥肌の防ぐには、タンパク質が必要です。タンパク質は天然保湿因子を生成し、肌の生まれ変わりを促進できます。

良質な脂質は美容の味方です。

イワシやサンマなどの青魚は、肌の保湿機能を改善するセラミドの材料になります。

セラミドは、ホルモンや細胞膜の材料になるので美肌を保つ効果が得られます。

食事療法は、内的因子を整える方法なので、継続することで効果を実感できます。

化粧のノリが良くなり、肌触りが変わってくるのです。

乾燥肌の対策に効果的な栄養素

乾燥肌の対策には、α-リノレン酸が効果的です。

α-リノレン酸は、脂質を構成する脂肪酸の1つで、肌の健康維持に役立ちます。

肌の潤いを守る天然保湿因子や細胞間脂質は。ターンオーバーの段階で作られるのです。

そのため、ターンオーバーが正常に行われないと肌が乾燥しやすくなります。

必須脂肪酸は、肌の細胞膜を構成している材料で、α-リノレン酸は不足しやすいです。

細胞膜の材料が不足すると、細胞の入れ替わりが行えなくなるので、肌が乾燥します。

ビタミンAは、天然保湿因子の生成の促進や、皮膚や粘膜を正常な状態に保つ働きがあります。

ビタミンBは、肌の再生を促したり、細胞の原料となるアミノ酸の吸収を助けたりします。

ビタミンEは、肌の血行を促進して新陳代謝を促すのです。

乾燥肌対策として、ナッツ類やアボカド、イワシやいくらなどの魚介類を摂るようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする