乾燥肌の対策としてスキンケアを行う

乾燥肌の対策としてスキンケアを行う

美肌にとって最も重要なものは潤いです。

乾燥はさまざまな肌トラブルの原因になります。

しかし、肌が乾燥しているからといっていろいろなアイテムを塗ればよいというわけでもありません。

その使用法や、アイテムに問題が潜んでいる場合もあります。

乾燥肌をきちんと対策できるスキンケアに見直してみましょう。

スキンケアにおいて最も重要なポイントは、クレンジングと洗顔です。

その後に使うスキンケア用品の浸透を促進させられるように肌を整えましょう。

しかし、洗浄成分が強すぎると、本来肌に残さなければならない潤いまで奪ってしまいます。

オイル系のものは、汚れ落ちは良いものの、潤いを奪いやすいです。

洗顔は、泡でたっぷりと顔を覆い、汚れを巻き込んで落とすようにします。

乾燥肌には、摩擦刺激も大敵です。

タオルでごしごし拭くのはやめましょう。

乾燥肌対策のスキンケアのポイント

洗顔後のお肌には、優しく潤いをしっかりと届けてあげましょう。

保湿成分には色々なものがあります。

乾燥肌の人は、セラミドが不足している傾向が強いです。

セラミドが配合されているスキンケアアイテムを選びましょう。

セラミドを積極的に補うことで肌内部の潤いが蒸発しにくくなり、外部刺激から守るバリア機能が正常に働きます。

また、摩擦刺激を減らす対策としては、化粧水と乳液が1つになったオールインワンゲルを使いましょう。

オールインワンゲルなら、洗顔後に肌に触れる回数は1回だけで済みます。

乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使えるのです。

使い続けていくうちに、肌の保水力が高まり、肌自らが水分を呼び込み蓄えられるようになります。

スキンケアを行うことで、トラブルを寄せ付けない強い肌質へと改善されるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする