乾燥肌の改善として市販薬をつかう

乾燥肌の改善として市販薬をつかう

乾燥肌を改善する選択肢として、市販薬があります。

メンタームクリームU20は、乾燥肌の手荒れや硬い踵、くるぶしなどに効果的です。

尿素を20%配合しているので、体内の水分を取り込み水分を保持する働きが期待できます。

メンタームクリームU20は、ビタミンEなども配合しているので、血行を良くして、肌荒れを防止するのです。

保湿成分は、セラミド、ワセリン、コラーゲンやヒアルロン酸の他、尿素があります。

尿素には保湿力があり、化粧品や皮膚疾患の治療薬で用いられているのです。

そのため、尿素は乾燥肌の予防や改善が期待できます。

肌のターンオーバーが乱れて角質がごわつく状態であれば角質を溶かすことも可能です。

手荒れや手湿疹、ひじや踵などの角質が硬くなっている状態を解消できます。

乾燥肌の改善のための市販薬の価格は

乾燥肌を改善するには、皮膚科を受診して塗り薬を処方してもらう必要があります。

しかし、忙しかったり、乾燥肌で病院に行くことが面倒に感じたりすることもあります。

そんな場合は、市販の塗り薬を使いましょう。

市販薬の価格は購入先で異なりますが、ドラッグストアでメンタームクリームUV20を購入する場合は、500円から600円程度で購入できます。

市販薬は、病院の処方薬よりも手軽に購入できますが、効果は処方薬よりも弱いです。

また、副作用に注意しましょう。

飲み薬のような副作用はありませんが、肌に直接塗るため、痒みや赤みなどがあらわれる可能性はあります。

もし体に合わなければ、すぐに使用を中止しましょう。

メンタームクリームUV20は、肘や踵などの角質化した部分に効果を発揮します。

自身の目的に合った市販薬を選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする